So-net無料ブログ作成

ヘルマン・カルツの爪楊枝 [キャプ翼にツっこむ]




カルツが・・・


カルツがようじをはきすてた!





カルツが楊枝をはきすてた.JPG



思わず言わずにいられないですよね。



カルツがようじをはきすてた!




もう一度言いますね。




カルツがようじをはきすてた!










・・・・・










サッカーの試合中、一緒にグランドで戦うチームメイトからこのような台詞が出ること自体、

現実では有り得ない事なのですが、このキャプテン翼では有り得るんです。


キャプテン翼のキャラクターの中で唯一、爪楊枝をくわえてサッカーをする選手・・・


ヘルマン・カルツくん。

(ドカベン岩鬼の葉っぱみたいなもんです)



カルツくんが爪楊枝を吐き捨てた時、彼が本気でプレーする証しなんです。


ドイツでチームメイトの若林くん、幼なじみのシュナイダーくんですら、カルツくんが楊枝を

吐き捨て、彼の本気なプレーを見たことがないというのですから、カルツくんはいつも

サッカーを良い意味でナメているのかもしれません。



カルツの本気.JPG



これまで本気を出さなければならない相手がいなかったとも言えるのです。


カルツくんが初めて楊枝を吐き捨てたシーンは、国際Jr.ユース決勝の対日本戦。


翼くんや岬くん率いる全日本チームには、本気にならないと勝てないと悟ったカルツくんは

闘志剥き出し。


当然チームメイトは言うでしょう・・・





カルツがようじをはきすてた!と。



さぁ皆様もご一緒に・・・



カルツがようじをはきすてた!

(しつこいよ)




楊枝を吐き捨て、本気を出せるその時こそ、カルツくんは本当のサッカー選手に

戻れる瞬間なのかも。


本気を出さないサッカー選手はサッカー選手じゃない・・・なんて[手(チョキ)]










・・・・・










え? そもそもサッカーの試合中に爪楊枝を口にくわえてプレーしてもいいのかですって?






あは。

それはたしかに。





ただサッカーの規則やルールにおいても、、、


爪楊枝を口にくわえたまま
サッカーをしてはいけない。



とは、どこにも書いていないですし、いいんじゃないですか?

(ダメ?)


よく、キャプ翼的ツっこみに取り上げられるネタではありますが、

わたくしはあえてツっこみたくはありません。


当然、サッカーの試合中に凶器を持ち込んではいけませんよね。


爪楊枝が凶器になるのかは、今後FIFAでも焦点になるでしょう。

(今後っていつだよ)


実際、爪楊枝よりも危険な凶器(釘だったか針だったか)を持ち込んでプレーした過去の

日韓戦しかり、ブラジルで審判が試合中選手をナイフで殺傷する事件さえありました。


そんなのは言語道断ですよね。


スポーツマンシップのかけらもなければ、チップとデールのグミシップもない。

(は?)


しかし、カルツくんが口にくわえた爪楊枝はホントどうなのでしょう!?



本当に爪楊枝は凶器に値するのでしょうか!?


爪楊枝をくわえている本人にとっては、危険であることに変わりはありません。


ただ他の選手を怪我させてしまうリスクは当然あります。


となると、現実には凶器の一部として扱わなければならないのかもしれません。

(どうか扱ってください、よーいち先生[たらーっ(汗)]




では、カルツくん本人になったつもりで、サッカーの試合にのぞむ想像をしてみましょうか。


本人になりきらなければ、爪楊枝が危険かどうかもわからない


自分が口に爪楊枝をくわえてサッカーをしてみるのです。


例えばヘディング。


サッカーでは当たり前のプレーですが、わたくしにはヘディングをできる勇気はありません。


おでこにボールをあてるプレーではありますが、ヘディングした反動で楊枝が歯茎に

刺さりそうで、なんか怖いです。


顔面ブロックなんてもってのほかですよ。


フリーキックの壁になるのさえお断り願いたい。


そういえば本編でカルツくんがヘディングをしているシーンを見たことがない。

(見逃しているだけかもしれませんが)


それはそうでしょう。 危なっかしくてしょうがない。


カルツくんだって怖いに違いありません。


あと現実では、反則されてイラついて、相手に唾を吐くシーンをたまに見かけますが、

それが唾ではなく、爪楊枝を吹き矢のように吹かれてしまっては、それは凶器になります。


まるで必殺仕事人のよう・・・・・って、あらら[あせあせ(飛び散る汗)]

カルツくんは 「仕事師」 というサッカーでの異名がついているんだったわ[たらーっ(汗)]


吹いたらあかん。 あかんですね。




前半が終了し、ハーフタイムに控室に戻りました。


その時、その楊枝が初めて役立つ気がします。


マネージャーが出してくれるバナナです。


バナナをその爪楊枝で刺そうじゃありませんか。


そんな時ぐらいにしか、私達には使い道がないかもしれません。


『カルツが楊枝を吐き捨てたぁ!』


そう周りに言わせ、本気を出してバナナを食べればよいのです。





・・・・・って、失礼[たらーっ(汗)] 

なんだか自分がここで何を語り出しているのかわからなくなってきました。


話を変えましょうか。


とにかく、爪楊枝を口にくわえながらサッカーをすることは、危険だということがわかりました。

(最初からわかれよ)









カルツくんはいつ頃から爪楊枝を口に
くわえているのでしょうか!?







カルツくんの初登場時は、以下の ”このシーン” と思う人がほとんどだと思います。



真カルツ.JPG


コミックス25巻の 全日本Jr.ユース VS ハンブルガーJr.ユース との練習試合。


初登場時から爪楊枝をくわえたキャラとして出てきました。


しかしながら、わたくしはあることに気付いたのです。


この初登場時のちょっと前に、シュナイダーくんの移籍話シーンのクダリがあるのですが、

若林くんの周りにいるチームメイトに、カルツくんらしき人物が写っているのです。


それがこの人 ↓ ↓ ↓




偽カルツ1.JPG


矢印で示す人、なんとなくカルツくんっぽくないですか?


ただ、爪楊枝はくわえておりません。




シュナイダーくんと若林くんのシュート対決を見守るチームメイトの中にも・・・


偽カルツ3.JPG

偽カルツ2.JPG


カルツくんと同じくらいの背丈ですよね。


なぜわたくしが、この人物がカルツくんだと思ったか・・・



















感ですよ、感w



同じハンブルガーJr.ユースの選手であることは間違いなさそうですが、全日本との

試合前のスターティングメンバーに、その ”偽カルツ” くんがいないんですよ。





ハンブルガーJrユース.JPG



控えの選手だったんじゃないの? なんて思われるかもしれませんが、シュナイダーくんの

クダリのような日常シーンで、作者よーいち先生が、念入りに描かなくてもよいようなチーム

において、控え選手をわざわざ描くはずがないんです!


偽カルツくん以外の周りにいた選手は、全員スターティングメンバーに顔を連ねて・・・


補欠メンバー?.JPG



・・・って、いねーじゃねーか!!


誰一人いねーよ。


これはもしや、よーいち先生はメンバー総入れ替えしやがったな!?

(これも七人の悪魔超人の入れ替え同様、ゆでたまご先生の手法をリスペクトかw)


そうじゃないのなら、やはり補欠のメンバーを描いていたということなのか!?


偽カルツくん ⇒ 真カルツくん という確証がなくなってしまいました[ふらふら]




しかしながらわたくしは、よーいち先生がその偽カルツくんを急遽、主要なサブキャラとして

真カルツくんへと仕立てあげたのではないかと、わたくしは勝手に思っています。





・・・・・って、失礼[たらーっ(汗)] 

いったいわたくしはここで何を語り出しているんでしたっけ?


あーそうだ。 いつから爪楊枝をくわえているかのお話でしたね。 すみません。


この偽カルツくんが真カルツくんであるのか・・・は置いておいて(置いておくのかよ)、

若林くんの言う 「カルツが本気になったらどんなプレイをするのか、それは俺やシュナイダー

にもわからないんだ」 という証言から、カルツくんがずいぶん前から爪楊枝をくわえていた

というのは言葉から読み取れます。


ここで、カルツくんと若林くん、シュナイダーくんが12、13歳の頃の回想シーンが

ROAD TO 2002編で描かれているのですが・・・










カルツ少年期.JPG



く、くわえてやがる[たらーっ(汗)]


なんて奴だ。


この中1頃の年頃では、さすがに両親から止められていると思ってたのに。。。


もうこれでわからなくなりましたよ。


カルツくんのさらに過去に遡った回想シーンがありませんので、いつから爪楊枝を

口にくわえ始めたのかは現時点ではわかりません。


よーいち先生のみぞ知る・・・と言ったところでしょうか。


こうなったらカルツくんが赤ん坊の時の回想シーンを描くようなことがあれば、

是非とも爪楊枝をくわえた赤ん坊で描いていただきたいと思います。


どうかよろしくお願い致します。









それともうひとつ考察してみましょう。



カルツくんがくわえている爪楊枝は
いったいどこ製なのでしょうか!?




そもそもこの頃(昭和時代)に、西ドイツに爪楊枝はあったのでしょうか。


現在では色んな物が輸入輸出されている時代。


使い捨ての爪楊枝は、さすがにドイツにもあるようです。


調べていませんが、日本も爪楊枝をドイツに輸出しているかもしれません。


では、カルツくんのくわえている爪楊枝の形はどうでしょう!?


詳細な形で爪楊枝が描かれているわけではないですが、拡大してみましょう。



カルツの楊枝2.JPG


日本製で広く売られているポピュラーな爪楊枝には、尖った先端の反対側に、

こけしをモチーフにした装飾がされておりますが、どうもカルツくんのは

日本製のこけし装飾の楊枝ではないようですね。


てっきり若林くんからもらっているものと想像していたのですが。。。






しかし、ここで井出保(いでたもつ)くんから有力な情報を得ることができました。


同じ欧州のイタリアでは、1970年代後半に、日本の時代劇 「木枯らし紋次郎」 が

流行ったらしいのです。


ちなみにその木枯らし紋次郎ですが、いつも口に長い爪楊枝をくわえているんですよね。


イタリアで流行るぐらいですから、西ドイツ在住のカルツくんももしかしたら木枯らし紋次郎の

ことをひょんなことから知り、木枯らし紋次郎を好きになり、リスペクトしたのではないかと!?


自分も木枯らし紋次郎のように口に爪楊枝をくわえるんだ! と、憧れの人に

近づきたいがためのパフォーマンスをし始めたのかもしれません。


欧州地域の爪楊枝は、二等辺三角形が主流とのことで、カルツくんのくわえている

爪楊枝の形からして、各場面ごとにカルツくんの爪楊枝は形が尖っていたり、

はたまた二等辺三角形であったりします。



カルツの楊枝1.JPG



ちなみにイタリアの爪楊枝は、日本製の 「SAMURAI」 というものがポピュラーらしく、

その爪楊枝は両先が尖っているんだとか。


少なくとも12、13歳の頃の爪楊枝は、そのSAMURAIっぽい気もします。


上画像の初登場時は、欧州ポピュラーの二等辺三角形って感じですよね。



残念ながら日本のポピュラーなこけし装飾の爪楊枝ではなさそうですが、ただ日本製の

SAMURAIという爪楊枝を少なくとも愛用しているということで、とりあえず結論付けたい

と思いますw














!!!





いや待てよ。


もしかして日本のこけし楊枝を逆さに口にくわえてる?という可能性もありますかね?


安全面の観点からその可能性も捨てきれません。













ここまで、カルツくんの爪楊枝について考察してきましたが、

なんだかカルツくんに親近感が湧いてきました[わーい(嬉しい顔)]


皆様はどう思われましたか?




また 『カルツがようじをはきすてた!』 という台詞は、キャプ翼の中の名言でもありますが、

是非この名言を世間で使っていきたいですね。


キャプ翼の中だけではもったいない。


職場において、いつも仕事をサボっている同僚がいたとして、その人が本気を出して

仕事に取り組んでいる姿を見た時、、、

「あいつ、カルツが楊枝を吐き捨てたか?」

なんて言うのもオツかもしれません。





陸上100m走で、ウサイン・ボルトが走り流していたとします。


そんな時は、、、 

「ボルトさぁ、あいつカルツが楊枝を吐き捨ててない走りだべ?」

なんて言うのも、これまたオツかもしれません。

(言いづれーよ)





そして今、この記事を書き終えたわたくしは、、、


「久しぶりにカルツが楊枝を吐き捨てた記事を書けたぜ~」


なんて言ってみるw

nice!(1)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 1

コメント 10

くもり空翼

キャプテン翼を読んでいた頃はカルツが爪楊枝をくわえている事に何の違和感も感じていませんでした(^_^;)
楊枝が危険かは賛否両論ありそうですが、でも私が思うに明和のスライディングタックル部隊のほうがよっぽど危険なような気がしますよ(笑)
でも何故カルツ選手は退場になったんですか?
相手選手に吹き矢しちゃったとか?
そっちのほうも気になります(^_^)
イタリアのポピュラーな楊枝がサムライですか!
イタリア代表のユニフォームの色も青なので、イタリア代表こそサムライブルーにふさわしいのではないかとw
by くもり空翼 (2014-05-18 17:49) 

ゴクモンキ

団長の分析を最後まで読むまでは、「楊枝を加えていない選手はカルツではなく、ラッシャーさんでは?」と推測していましたが、カルツである可能性の高さに落ち着きました。
あのシーンがグラウンドではなく漁港だったら確実にラッシャーさんなのに…。

ファミコンの時のハリネズミドリブルが実際にどんな動きを見せるのか分からぬままこの年まで過ごしてきましたが、その検証も、団長がお時間があるときにでもいつか…m(__)m
by ゴクモンキ (2014-05-19 05:35) 

てぷこだん

くもり空翼さん コメントありがとうございま爪楊枝!
お返事遅れてすみません^^;

>カルツが爪楊枝をくわえている事に何の違和感も感じていませんでした

当時、日本にはプロサッカーリーグがありませんでしたし、マイナーなスポーツでした。
その為かルールの知識もあまりないので、選手が楊枝をくわえてプレーすることに
編集者さんも誰も異議を唱えなかったんでしょうね^^;
作者のよーいち先生ですら知らんというw

>明和のスライディングタックル部隊のほうがよっぽど危険なような気がしますよ(笑)

言い得て妙www
ボールを持つ選手一人に対して5,6人でスライディングタックルはある意味反則ですよw
はたから見たら、イジメにしか見えませんからね。
これが実践されていたら、おそらくPTAから日本サッカー協会に苦情が殺到すると思いますw

>でも何故カルツ選手は退場になったんですか?

くもり空さんが思う カルツ吹き矢事件 にはならなかったですw
若林くんとカルツくんのチームに対し、対戦相手である幼なじみのシュナイダーくんから
「守るだけのつまらんサッカーだ」みたいなことを言われて、カルツくんが頭に血が上り
シュナイダーくんの足を蹴っちゃったんですよ^^;
まさにフランスW杯で、あのベッカムがシメオネを蹴ったシーンとかぶりますw

>イタリア代表こそサムライブルーにふさわしいのではないかとw

使ってる爪楊枝がSAMURAIだけに? くぅ~ ウマイっすね~w
くもり空さんにそんなこと言われちゃうと、わたくし・・・
マリッジブルーになってしまいますよ。
(意味不明)

by てぷこだん (2014-05-21 21:02) 

てぷこだん

ゴクモンキさん コメントありがとうございまシュートブロックだぁ!
お返事遅れてすみません^^;

>楊枝を加えていない選手はカルツではなく、ラッシャーさんでは?

盛大に吹かせていただきましたwww
マジで、リアルにラッシャーさんですってwww
いま、この素晴らしい発見にチョーチョーサンバしてます自分・・・♪
あえて、よーいち先生にラッシャーさんを書かせてみたいですね!
きっと、この偽カルツくんになるはず^^

ゴクさんにも真カルツくんである可能性が高いという見解をいただけて
取り上げた甲斐がありました^^ ありがとうございます。
しかしながらこのシーンの後に、シュナイダーくんとお父さんの会話シーンが
あるのですけど、そこがまた港なんですよwww
惜し過ぎます! そこにもし偽カルツがいれば、きっと向井さんから
「ラッシャーさ~ん!」とお呼びがかかったはずw

おっ ハリネズミドリブルの動きの検証ですか^^
カルツくんよりも体が小さいタケシを吹っ飛ばしたぐらいしか記憶がないですが、
これは二十数年ぶりにキャプ翼カセットをファミコン本体に差す時が来る???w

by てぷこだん (2014-05-21 21:07) 

カマドウマン

カルツ君っ!トラウマの1人ですよ!
ゲームのコンピューター対戦でカルツ君が出た時に「ハリネズミドリブル」を出された時に、何度も吹っ飛ばされました。

カルツ君が加えてる針はハリネズミの針なんでしょうな。吐き捨ててると見せかけて全身に覆ってるのかもしれません。
ウォーズマンのベアクローのように体についてる場合は、審判も注意出来ない可能性がありますね…。
by カマドウマン (2014-06-03 21:57) 

てぷこだん

カマドウマンさん コメントありがとうございまスライディングで足挫いた~
お返事遅れましてすみません^^;

ハリネズミドリブルはおそろしいですからね。
吹っ飛ばされた選手は、全身針治療を受けなければなりませんしねw

>カルツ君が加えてる針はハリネズミの針なんでしょうな。

おお~ それは新たな説ですね~^^
キャプ翼学会の定説が覆されますよw
ハリネズミのハリの鋭さはわかりませんが、きっとかなり鋭利なものと推測します。
それを口にくわえてサッカーしているのですから、テレビ東京のびっくり人間でも
取り上げてほしかったものですw

ハリと言えばウォーズマンの新コスチューム発表時を思い出すなぁ^^

by てぷこだん (2014-06-07 19:29) 

シービーちゃん

爪楊枝をくわえてのプレーは、危険極まりないですね。ただ、ベロを出して走る選手がいるように、いい意味で力が抜けているのかもしれません。
武士は食わねど高楊枝ということわざがあるように、ひょっとしたら、カルツくんは自信がなかったけど、楊枝をくわえることによって、自分を大きく見せていたのでは! う~ん、説得力ないですね。
by シービーちゃん (2014-06-20 07:20) 

てぷこだん

シービーちゃんさん コメントありがとうございまシュートは枠の外~

>爪楊枝をくわえてのプレーは、危険極まりないですね。

危険を冒してまで楊枝をくわえるカルツくん・・・
そうする理由をいつかは明らかにしてほしいですよね^^
でもシービーちゃんさんがおっしゃるような「武士は食わねど高楊枝」というのは、
カルツくんの侍精神としてはあり得るかもしれません!
妙に納得してしまいましたよ^^
そのことわざ知りませんでしたしw 勉強になりました^^
by てぷこだん (2014-06-22 10:48) 

シライシ

ヘルマン・カルツくん。
私の中での彼の印象はいぶし銀ですね
カッコよかった

ハリネズミドリブル。インパクトあった

ただ、爪楊枝は危ない
意外に刺さると痛い

私の中でのカルツくんは
キン肉マンに例えるとジェロニモです(何故、例えた)
by シライシ (2014-06-24 20:22) 

てぷこだん

シライシさん コメントありがとうございまったく動けな~い!
お返事大変遅れましてすみません^^;
(コメントいただいてたことに気づいてませんでした。。。アワワ)

カルツくんの印象、そう「いぶし銀」ですよね。
カルツくんほど侍の格好が似あう外人はいないでしょうねw
必殺仕事人と呼ばれる所以がそこにはあるのでしょう^^

>ただ、爪楊枝は危ない 意外に刺さると痛い

たしかにw
爪楊枝でベアークローを作り、それを外に持ち歩いてたら
まずは警察に目を付けられることは確実。
それぐらいの凶器になりますよ、楊枝は。
それでもサッカーのフィールドで、爪楊枝をくわえさせるよーいち先生は
ある意味尊敬致します。
サッカー少年達が、いつか真似するんじゃないかと、よーいち先生に
代わって、わたくしがビクビクしていますよw

>私の中でのカルツくんはキン肉マンに例えるとジェロニモです(何故、例えた)

新連載のキャプ翼で、カルツくんは爪楊枝を捨て、今度は斧を持って
サッカーしているかもしれませんねwww

by てぷこだん (2014-07-02 12:35) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0