So-net無料ブログ作成

翼くんの若林くんへの挑戦状の件 [キャプ翼にツっこむ]


キャプテン翼・・・・・


ファンにとって、どうしても語らずにはいられないお話がございます。


それは、このマンガが ツッコミ所満載 であるということ。。。


ファンでなくても、それをご存知な方は沢山いらっしゃることでしょうw



作者である「よーいち先生」が、サッカー知識があまりないまま

連載を開始してしまったことから始まった 事件 とも言えますw




登場人物たちの必殺シュートの数々・・・・・


これもツッコミ所満載ではあるのですが、これはもうしょうがありませんよね!?

少年マンガですから肉付けはしょうがないことでしょうw


日向くんのタイガーショットでは、コンクリート壁を破壊する件。


立花兄弟のスカイラブハリケーンにあっては、中国雑技団顔負けのアクロバティックさ。


これらのシーンを見た時、「スゲー」と率直に思ったことは正直なところ。


そのスカイラブハリケーンやツインシュートなど、サッカーやりながら真似てみたものですよ、

できないのを承知で・・・w




そんな必殺シュートのほかにも実現不可能?なシーンや、

おもしろおかしい言動などツッコミ所は満載であるこのマンガ。


ここ「キャプテンだった翼」では、ストーリー上の現実的な視線から

ツっこんでみたいと思いまして、今回の記事からの新カテゴリー

【キャプ翼にツっこむ】 というコーナーを設けてみましたw



早速その第一弾として、タイトルにもありますように 『翼くんの若林くんへの挑戦状』

について取り上げてみたいと思いますw





事の発端は、翼くんが静岡県南葛市に引っ越してきたことから始まります。


街を散策中(ドリブル中w)に見かけた若林くんというゴールキーパーの凄さに

翼くんは魅了されちゃったんですよね。


ラグビー部キャプテンが蹴ったラグビーボール、

ハンドボール部キャプテンが投げたハンドボール、

そして野球部エースが投げた野球のボールでさえ、ゴールを割らせない若林くんに。。。




若林くんが去った直後、翼くんは是非とも若林くんと勝負がしたいということで、

挑戦状を蹴りつけるんですよね。

(叩きつける ではなく 蹴りつける ですw)


そこで、キャプ翼ファンには有名なツッコミ所があるわけです。


↓ ↓ ↓ これをご覧ください。


DSC00886.png


翼くん(左)は、街を見渡せる 高台の丘の上 にいらっしゃいます。


じつは若林くんのお家を石崎くん(右)から指さして教えてもらっています。


中央に見えるお屋敷が、若林くんの豪邸なんですよね。


それを知った翼くんがとった行動は・・・






DSC00888.png


何を血迷ったか、若林くん家に向かってボールを蹴ったんです。


挑戦状を蹴りつけるとはこのことですw


そのボールはグングンと延びつづけ・・・・・






DSC00889.png


若林くん家に届いちゃいましたw


最初の 翼くんが丘にいるコマ を見ていただいてもわかると思うのですが、

すごい距離をボールがとんできているんです。


丘のチョイ下に森があり、若林くん家との間に何軒も家が連なっています。


コマを見る限り、遠近法という視点からでも、蹴ったボールが

とても届きそうな距離ではありません!?


その一部始終を見ていた当時ブラジル代表FWのロベルト本郷氏も

「そんな・・・」と、おっしゃってることですしw


当然このシーンをファンがツっこむのも無理はないでしょうね。



さらにこの人・・・・・




DSC00890.png


若林くんの専属コーチの見上さん。


その見上コーチ、若林くんから 「あの丘からとんできたんです」 という発言に対し・・・




DSC00893.png


・・・と、うそつき呼ばわりw


それぐらい見上コーチでも信じられない現象なのでしょうw





そして届いたボールには、挑戦状が書かれていたんですね~


これを書いたのは大人なのか子供なのかを二人で議論しているのですが、、、




DSC00896.png


若林くんの言う通り、子供の字ですよね。


もちろん翼くんが書いて蹴っているので正解です。[ひらめき]


見上コーチでなくても、あの丘の上から子供が蹴ってきたボールだなんて

とても信じられないでしょう!?


というわけで、ツッコミ所としてピックアップされることはやむを得ませんよね。


しかしその前に、てぷこだん的にはその挑戦状をボールに書いた翼くんが、、、




DSC00901.png


ユニフォーム姿で街を散策(ドリブル)するのに、何故マジックペン(赤丸部)を

持っていたかという点にツッコミたい所ではあるのですが、

それは置いといて・・・w



そもそも子供も大人も関係なく、丘の上から若林くん家までボールを届かせることが

現実的に可能なのか? という点が小学生の頃から気になっていたんですよね。


今になって検証してみたくなったのが、この記事を書くキッカケですw


もう一度翼くんが立つ丘のシーンを見ていただきましょう。




DSC00886.png


高台の丘から若林くん家までの距離がわかれば、

実現可能なのかどうかハッキリすると思うんですよね。


ですが・・・

























なにぃ!!!

うそをつくな!


距離の求め方がわからないだとっ!?




と、見上コーチに怒鳴られそうですが、わたくしてぷこだんの頭では、

人生のロスタイムをもらっても解けそうもありませんw

(全然うまくないです[たらーっ(汗)]




ですが、丘の上のシーンを見てふと思ったんですよね!


この風景って、うちのベランダから見る景色で代用できるのではないかと!?






DSC00886.png


                       ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


DSC00898.png


ただ山が見えるだけじゃないかとw


いやいや、でもですね、その似たような構図から、若林くん家を

だいたいの感覚で位置が想定できるのかなとw


うちのベランダが「丘の上」としたら、黄色い矢印の建物(コミセンw)が若林くん家

という強引な設定ですけどねw


ふふふ。 現実味が増してきましたね~

(それはあんただけです)




位置がわかったらあとは距離を割り出すだけですね。


そんな時、便利なグーグルアースがあるわけですw





DSC00899.png


丘の上(ベランダ)から若林くん家(コミセン)を黄色い線で結んでみましたw


その結んだ線により距離が出ました!




DSC00900.png


510.3mのようですw






さて、どうなんでしょう?

510.3mという距離は。。。


サッカーのフィールドの大きさで考察しますと、国際大会の規定で

タッチラインの長さは110mとあります。


その長さで考えてみた時・・・・・



























無理っすw




サッカーグランドを縦に4面並べて、端から端(計440m)のゴールマウスを

さらに超えなければならないという事実。


あくまで、てぷこだん的なふざけた検証ですが、高台の丘から若林くん家まで

ボールを蹴って届かせるということは、無理!という結果にw




ふう~ これで心が少しスッキリしました。


小学生の頃から思っていた疑問点を解決するのって、清々しいものですねw

(あんたの自己満だろ)















・・・・・・・・・・

























おっと! 忘れておりました。


最後にもう一人ツっこんでおかなければならない人物がいました。


わたくしの本日の検証結果をもって、ツっこませていただきます。


それは若林くんの専属コーチである見上さんが言った・・・








DSC00897.png


大人でも無理です見上さん!
















PS 未だに、見上コーチのキャラが掴めないわたくしw










翼くんのように、500m以上ボールを蹴ってみたいと思っていただけたら

↓ ↓ ↓ 下のボタンをクリックシュートでお願いします。。。[ふらふら]

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
nice!(3)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 3

コメント 10

くもり空翼

こんばんは(^^)
さすがは団長! ツッコミどころはおさえておりますねーw
挑戦状ボールの飛距離の件だけだと思ったら、見上コーチをオチにもってきましたかwww
そこまでの布石を読むことはできませんでした(^^)
若林くん家までの距離の求め方、お見事です!
私もスッキリしましたよ♪
510mもボールを蹴る翼くん、おそるべしです!
by くもり空翼 (2011-02-18 19:17) 

じまぁ

おはようございます。

サッカーをあまり知らない人が
サッカーマンガを描いちゃって、世界中のサッカー少年の
バイブルとなり、有名選手をも育ててしまう・・・
いや〜、勇気が湧きますよね〜。
私もまったく知らない世界、例えばオペラ歌手を目指す
女性の物語でも描いたら人気になるでしょうか(^_^。

翼くんの技は子ども心にも「絶対あり得ない」と
思って読んでいましたが、実際の選手が
オーバーヘッドキックをしていた姿を見たときは
度肝を抜かされました!
本当に出来るんですね〜。
ドライブシュートも実際に出来ると知ったときも
驚きましたが、ただ曲がるだけ(それでもすごすぎですが)
だったので、少し残念でした(^_^。
翼くんが小高いところから若林君の家まで蹴った
距離は500メートル以上もあったんですね!
しかもかなりの勢いで若林君のところに届きましたものね〜。
ずっと謎でしたので、距離を測ってくださり
ありがとうございます〜。

見上さん、「ちょっとムリだろう」って
ちょっとどころじゃないですよね(^_^。

by じまぁ (2011-02-19 07:39) 

ゴクモンキ

陽一ワールドの中では、きっと瞬間的に相当な追い風が吹いていたんでは?

...そんなフォローしか出来ない現象です。

コミセンという建物を知らなかった新潟に住んでいる自分を恨むぜ~~~~w
気が晴れる様に、今から庭に出て、早苗ちゃん宛てに雪でラブレター書いてきます!(勿論サッカーボールで)
by ゴクモンキ (2011-02-19 08:12) 

てぷこだん

くもり空翼さん コメントありがとうございます♪
お返事遅れましてすいません^^;

やっと、、、やっと見上コーチにツっこむ事ができましたw
本当は飛距離の件でスッキリしたのではなく、見上コーチへの
ツっこみができたことで、スッキリできたのかもしれませんwww

うわは! わたくしのいい加減な距離算出方法で
くもり空さんのお気持ちまでスッキリできたなんて、
大変光栄でございます^^
510m、それぐらい飛距離の出るボールが蹴れるなら、
ゴールネットを突き破るくらい朝飯前なのでしょうね^^
翼くんがオーバーヘッドキックでゴールネットを突き破った
あの世界Jr.ユース決勝ゴールもこれで納得ですねw

by てぷこだん (2011-02-20 15:48) 

てぷこだん

じまぁさん コメントありがとうございます♪

欧州のプロサッカー選手達に多大な影響を及ぼしたこのキャプ翼・・・
まさか連載開始時の作者がサッカー知識未知数だったことを知ったら、
きっと驚くでしょうね~^^;
それを知ったジダンは、よーいち先生に頭づきしちゃうかもしれませんw
(ジダンもキャプ翼好きw)

わたくしももしマンガを描くことになったら、ほとんどルールがわからない
アメフトやラグビーを描くかというと、多分描かないと思うので、
よーいち先生の勇気に、ワールドカップに酒入れて乾杯ですよw
そして、じまぁさんが描くオペラ歌手ヒストリーマンガ、、、w
どんな物語になるのかまったく想像がつきませんwww

ドライブシュートも実際にテレビで見たときは、意外と拍子抜けでしたw
こんなものなのかと・・・^^;
マンガでは大袈裟にボールが急降下しますが、実際はそうでもないんですよね。
ピエールくんのスライダーシュートぐらいの降下が妥当ではないでしょうかね~
でも現実に一番凄いと思ったのは、ロベカルがフランス戦で放った
カミソリシュート的なやつですね~^^

http://www.youtube.com/watch?v=NYwrRcHNKzQ

あれは早田くんのカミソリシュートの二枚刃の方を完全に意識してますねw
(してないと思う・・・)


そうなんです~ 若林君の家まで500メートル以上もあったんです^^;
(かなりいい加減な測定ですが・・・w)
じまぁさんが思ってた距離と、どうでしたでしょうか?^^

>見上さん、「ちょっとムリだろう」ってちょっとどころじゃないですよね

見上コーチへのトドメのツっこみ、ありがとうございま~す^^
そうですね! ちょっとどころではないですwww

by てぷこだん (2011-02-20 16:15) 

てぷこだん

ゴクモンキさん コメントありがとうございます♪

わたくしも、できればフォローしてあげたかったのですが、
距離が個人的にわかってしまったが為に、その話にはあまり触れず、
見上コーチに標準を合わせてしまいましたw
そこでゴクモンキさんの追い風説・・・w
高台の丘の絵を見ますと、結構風は抜けていきそうですので、
もしかしたら、、、もしかしたら本当に届いてしまうのかもしれませんね^^
もし丘の上に、風力発電用風車が設置してある絵でしたら、
「そこは風が強いんで飛んで行くんだな~」なんて思って
スルーできたかもしれませんw

コミセンを拾っていただきありがとうございます^^
ゴクモンキさんのご近所にはありませんか? コミセンw
まぁあったところで、わたくしの人生にはほぼ完全スルーな建物ですw

>早苗ちゃん宛てに雪でラブレター書いてきます!(勿論サッカーボールで)

素敵です♪ サッカーボールで雪に文字を書く芸当は
でっかい筆を持って習字する人にも負けませんよwww

by てぷこだん (2011-02-20 16:31) 

シービーちゃん

いやぁ、今更ながら、恐るべき作品ですね。当時は、普通に読み流していたんでしょうが、無理矢理感いっぱいですね。担当編集者から、「もっと、めちゃくちゃやりましょう」的なアドバイスがあったのかな?
このあと、家に帰った翼くんが、家族に「ボールをどこにやったの?」と叱られるシーンも想像できますね。
by シービーちゃん (2011-02-20 19:39) 

てぷこだん

シービーちゃんさん コメントありがとうございます♪

無理矢理感は拭えませんよねw
ですがシービーちゃんさんがおっしゃられるように、
担当編集者から言われた可能性は有り得ますね!
翼くんの凄さを際立てるためにはそれぐらいやりなさいと、
若いよーいち先生が言われちゃうのも無理はないような気がします^^


家に帰った翼くんが怒られちゃう件www
そこは盲点でした(笑)
ありがとうございま~す♪
そうですね、あれだけボールは友達と豪語しているにもかかわらず、ある意味あっさりしたお友達とのお別れですしw
by てぷこだん (2011-02-21 08:50) 

qooo

513M!!!それは、無理ですよね〜。
このシーンは、確かに強烈でして、
当時も友達とやいやい、話し合った記憶があります。
屋上に上がって、『あのへんでは??』『いや、もう少し』
みたいな感じで、真剣に話した記憶がよみがえります。

具体的にお写真まで。。。ほんとに、
有り難うございました〜。感動です〜。
by qooo (2011-02-25 21:36) 

てぷこだん

qoooさん コメントありがとうございます♪

屋上に上がっての挑戦状検証トーク、わたくしも是非参加したかったな~^^
あんな高台の丘みたいな場所が近所になかったので、
団地やアパートの高層階からひとりで確認した覚えがあります。
もちろん答えは出ませんでしたけどね^^;
でもまさか家のベランダから見る景色で代用できるとは
思いもしませんでしたw
仕事上グーグルアースを使っていたことも功を奏しましたね^^
結果の500mは、実際正解に近いのか、よーいち先生に聞いてみたいところですw

by てぷこだん (2011-02-26 11:38) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0